2015年6月にシリアへ入国した後、行方不明になっているフリージャーナリスト、安田純平さん(44)と見られる男性の動画が7月31日にネット上で公開され話題となっている。映像の中で、黒衣の男二人に自動小銃を突きつけられた男性は「私の名前はウマル。韓国人です」と名乗り、「とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」と救出を訴えた。

だが、安田さんと見られる男性は、なぜ急に「韓国人」を名乗ったのだろうか。その背景には「戦場ジャーナリスト」のしたたかさと、メディア報道の歪曲した実態が見え隠れする。

「戦場ジャーナリスト」と称する安田さんが拘束を受けるのは、2003年イラク軍に拘束されて以来、今回で5回目。性懲りもなく取材を繰り返していた裏には「拘束されるたびに知名度が上がり、執筆依頼やテレビ出演も増える」(紛争地取材関係者)というマスコミの体質もあったのかもしれない。

また、安田さん本人はTwitter上で、外務省から危険地域への渡航を制止されたことを明かしているが、そんな政府に「世界でもまれにみるチキン国家」などと悪態を繰り返していたようだ。

それゆえ、今回の報道を受け、SNS上には安田さんを”自業自得”だとする声が多数上がっている。一般視聴者も、戦場ジャーナリストなる職業から「危険な現場からの報道こそ至上」とする奢りと、「政府はその報道のバックアップをするべきだ」とする横暴さを読み取ったのではないだろうか。

次ページ:「韓国人です」は放送せず!? パスポート画像から韓国名を消した不自然報道
  • 1
  • 2