ジャーナリスト・池上彰さん(68)の取材方針に「パクリでは?」との疑念が上がり、さらに賛同する各界識者からも#MeTooの被害報告が相次いでいる。

池上さんの番組の取材に疑念を呈したのはジャーナリストで徳島文理大学教授の八幡和郎氏。八幡氏はFacebookの9月9日の投稿で「さんざん時間を取らされたあと、『池上の番組の方針で、番組では八幡さんの意見ではなく池上の意見として紹介しますがご了解いただけるでしょうか』といわれた」と告発したのだ。

この八幡氏の発言に、各界の識者たちも#MeTooの声をあげ、賛同したのだ。Facebookには宮下研一氏(株式会社イグジット、ウェルリンク株式会社の代表取締役)が「全く同様の経験があります」と書き込み。同氏が関係したホームページを紹介するというので懇切丁寧に取材に応じたら、最後になって「池上の方針で池上の意見として」紹介したいと申し出てきたという。

番組のスタッフを使い、識者にコメント協力かのように取材をし、最後には「池上の意見として紹介する」と告げる。これが池上さんの常套手段なのだろうか。

さらにジャーナリストの有本香氏もTwitterで「これは私も経験ある」と言い、「ご自身でロケに行かれたネタ以外は、池上さんの番組はどの局でもだいたい同じ作り方じゃないかしら」と疑念を呈した。同様に元刑事で作家の坂東忠信氏も取材を受けたことを明かし、「名前は出さない・私が出演するわけでもない・私が話したことを池上さんが話すので局に来て事前チェックしてほしい」と虫の良すぎるテレビの図々しい取材実態を明かし、嘉悦大学教授の高橋洋一氏も「オレも似た経験あるぞ」と同様の手口に同意している。

これが本当だとすれば単なる剽窃というより、さらに悪質な組織ぐるみの「パクリ」である。テレビというオールドメディアの、有名人に手柄を集めたがる性質を考慮に入れても、それを知りながら看過したのは池上さんであり、ジャーナリストを名乗る上であってはならない行為だ。

次ページ:上杉隆氏が7年抗議するも池上彰氏はらりくらり逃げまわっていた?
  • 1
  • 2