New's vision(ニューズヴィジョン)世の中を見渡すニュースサイト
  • ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格は8,465ドル
    Fisco Fisco
    2020.04.08

    ビットコイン(BTC)の価格予想を行う上で重要な要素のひとつにハッシュレートがある。ハッシュレートとは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をマイニング(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)する際の速度を表すものである。具体的には、1秒間に何回計算が行われているかを示しており、ハッシュレートが高いということはマイニングを行う処理速度、つまり処理能力が高いということになる。ハッシュレートが高くなる要因にはマイニング参加者の増加が挙げられる。

    …続き

  • トルコを代表するホルモン料理「ココレッチ」とは? / イスタンブールの名店「クラル・ココレッチ」
    GOTRIP! GOTRIP!
    2020.04.08

    トルコ、特にイスタンブールの街中では、祭りでなくとも毎日屋台が出ており、この街ならではのストリートフードを日々楽しむことができます。

    屋台は旅行者で賑わうヨーロッパ側旧市街や新市街に特に多く、ゴマ付きパンのスィミットや焼きトウモロコシ、茹でトウモロコシ、冬ならほくほくの焼き栗、サバサンド、果物や野菜をその場で搾ってくれるジューススタンド、トルコアイス、ドネル・ケバブなどが代表的なものです。

    そんなイスタンブールのストリートフードの中でも、ひときわ目を引くのがココレッチの屋台です。一見何かわからない肉の塊のようなものに、誰もが一度は目を止めるでしょう。

    …続き

  • 【世界の街角】美しい回廊やクロアチア最古の薬局があるドゥブロヴニクのフランシスコ会修道院
    GOTRIP! GOTRIP!
    2020.04.07

    クロアチアの人気都市ドゥブロヴニク。地中海に面したかつての海洋大国では、城壁に囲まれた美しい旧市街が訪れる者を魅了してやみません。

    そんなドゥブロヴニク旧市街の見どころのひとつであるのが、ピレ門から入ってすぐの場所にあるフランシスコ会修道院。14世紀に建設され、美しい回廊やクロアチア最古の薬局を目当てに多くの観光客が訪れるスポットです。

    修道院があるのは、ピレ門から入ってすぐ左手。水飲み場にもなっている「オノフリオの噴水」の向かいだと思って頂ければ分かりやすいでしょう。

    現在の場所に修道院が建設されたのは14世紀ですが、それ以前は13世紀から城壁の外を拠点にフランシスコ会の活動が行われていました。しかしヴェネチアをはじめとするライバル国家とのあいだに緊張が高まると、町は防衛のために城壁の外にある大きな建物を取り壊すようになります。

    …続き

  • ブロックチェーン技術が新型コロナウイルス対策で期待される領域
    Fisco Fisco
    2020.04.07

    インドのモディ首相は3月25日から3週間の全土封鎖を発表したが、同国のあるスタートアップは医療サプライチェーンにブロックチェーン技術を使用する仕組みを提案している。新型コロナウイルス対策の文脈で世界的にブロックチェーン技術が検討される事案が増えてきている。スタートアップビジネスを専門とする印メディアInc42が3月25日、伝えた。

    ブロックチェーンアプリケーションを開発するインドのスタートアップAcoerはコロナウイルス対策を目的に、ヘデラハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)の分散型台帳技術(DLT)とリアルタイムで通信できるデータ可視化プラットフォーム「HashLog」を開発した。

    …続き

  • 【日本カレー紀行】1925年創業の銀座の名店で味わう最高の骨付きチキンカレーとは?
    GOTRIP! GOTRIP!
    2020.04.05

    もはや日本の国民食との1つとも言える食べ物と言えば「カレー」。

    実は世界の年間カレー粉消費量ランキングで、日本はなんと第2位!(第1位はもちろんインド)

    つまり日本は、あのインドを除けば、世界ナンバーワンと言ってもいいほどのカレー大国なのだ。

    さらに、エスビー食品の調査によると、日本人は1人当たり年間平均約84食のカレーを食べているとのこと。1年は52週であることから、日本人はおおよそ1週間に1回以上カレーを食べている事になる。

    そんなカレー大国ニッポンには、様々なタイプのカレーがある。

    …続き

新着

More Top Stories
  • CoinBest、暗号資産交換業者に登録 9月下旬に口座開設受付を開始【フィスコ・ビットコインニュース】

    CoinBestは23日、資金決済に関する法律に基づく暗号資産(仮想通貨)交換業者として登録が完了したと発表した。同社は金融庁が23日に公開した暗号資産交換業者登録一覧に正式に追加されている。同社はサービス提供開始に先立ち、2020年9月下旬より、暗号資産取引所「CoinBest」の口座開設の申し込み受付を開始する予定だという。取り扱い暗号資産はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の2通貨としている。 …続き

  • DeFiプロジェクト「mStable」【フィスコ・暗号資産コラム】

    mStableの基盤トークンであるMeta(MTA)は、7月18日にトークンセールが実施され、1 MTA = 1.81 USDで販売された(調達額は472万ドル)。トークンの価格は、7月19日の3.65ドルから8月31日時点では7.68ドルへと上昇し、8月31日の時価総額は2,700万ドルを付けた(その後、価格は2.4ドル、時価総額は800万ドルにまで下落)。mStableとは、2020年5月にリリースされたETH基盤のプロトコルであり、複数のステーブルコインを1つに統 …続き

  • NVTから見た足元のビットコイン価格は9,858ドル【フィスコ・ビットコインニュース】

    暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標がある。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表している。NVT(Network Value to Transaction)はネットワークの価値(暗号資産の場合には流通するコインの市場価値)を日毎の取引量で割った比率であり、この値が高ければ取引量に比べてネットワークの価値が …続き

  • 暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:9月23日更新【フィスコ・ビットコインニュース】

    9月25日:CMEのビットコイン・オプション、ビットコイン先物SQ(日本時間8月26日午前0時)9月27日-10月3日:トウキョウ・ブロックチェーン・ウィーク(開催地:日本)9月28日-9月29日:チームズ・ブロックチェーン・サミット(開催地:日本)10月16日:Bakktのビットコイン・オプションSQ(日本時間10月17日8時)10月18日:Bakktのビットコイン先物SQ(日本時間10月19日8時)10月20日-10月21日:ブロックチェーン・サミット …続き

  • 絵馬にメイクして美人祈願!京都の「河合神社」は人気上昇中のパワースポット

    街のいたるところにあらゆる寺社仏閣が潜んでいる京都。 神社だけでも平安神宮や上賀茂神社など、有名どころがたくさんありますが、女性の「美」を司る神社があるのはご存じでしょうか。 それが、世界遺産・下鴨神社の第一摂社である「河合神社」。一風変わった絵馬も手伝って、美のパワースポットとして若い女性のあいだで人気上昇中なんです。 下鴨神社から続く敷地の一角に、ひっそりとたたずむ河合神社。その門の看板に …続き