New's vision(ニューズヴィジョン)世の中を見渡すニュースサイト
  • 「メトカーフの法則」暗号資産(仮想通貨)の価格は割安の可能性も
    Fisco Fisco
    2020.10.23

    暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として、「メトカーフの法則」とよばれる計算方法がある。メトカーフの法則とは、「ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザー数の二乗(n2)に比例する」というものだ。電話やインターネットなどネットワークの価値は繋がるモノが多ければ多いほど価値が向上するという意味合いで、電話を例に挙げると、世界で2人しか使用していなければ、「1対1」の繋がりしかなくネットワーク価値は限定される。一方、世界中で電話を使用する人が多い状況となれば、「ユーザー数×ユーザー数」という計算式でネットワーク価値は膨れ上がる。

    この法則にビットコイン(BTC)のユニークアドレス(取引活動があるアドレス)の数を用いてフェアバリューを計算した結果、10月22日時点のビットコインのフェアバリューは17,525ドルとなった。

    …続き

  • パウエル議長「FRBはまだデジタル通貨発行に関しての決定していない」
    Fisco Fisco
    2020.10.20

    米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は国際決済関連の国際通貨基金(IMF)討論会に出席し、FRBがデジタル通貨の有益性を検証していることを明らかにしたものの、
    「デジタル通貨発行に関しての決定はしていない」とした。

    …続き

  • 【Go Toトラベル活用法】テーマパークも半額!?ホテルオークラJRハウステンボスに宿泊
    GOTRIP! GOTRIP!
    2020.10.18

    10月1日より、地域共通クーポンの配布が開始され、東京も追加でキャンペーン対象となり、盛り上がりを見せているGo Toトラベルキャンペーン。

    旅行費用が実質約半額になるということで、キャンペーン実施中に旅行をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。Go Toトラベルを最大限活用するためには、ちょっとしたコツがあります。

    テーマパークの入場料も半額に!?筆者が「ホテルオークラJRハウステンボス」に宿泊し、ハウステンボスを訪れた事例から、Go Toトラベルをさらにお得に使うコツをご紹介します。

    …続き

  • 【関西ビジネス最前線】古いビルをリノベートしたおしゃれなホテル THE BOLY OSAKA
    GOTRIP! GOTRIP!
    2020.10.24

    大阪の梅田と心斎橋のちょうど真ん中に位置する中之島・北浜。ビジネスの中心地でありながら、大阪を代表する水辺のエリアとしても知られ、週末には、散策したり、水辺のカフェでのんびりしたりする人々の姿が見られます。

    そんな中之島・北浜エリアに2019年3月にオープンしたホテルが「THE BOLY OSAKA」です。

    古いビルをリノベートして開業したTHE BOLY OSAKAは、いわゆる高級ホテルではありませんが、このエリアらしいノスタルジックな雰囲気と次世代の感覚が融合した独自のムードが漂います。

    全14室と小規模ながら、センスの良いインテリアが設えられたお部屋はおしゃれで居心地が良く、アーバンブティックホテル、あるいはスモールラグジュアリーホテルという呼び名がぴったり。

    特に、土佐堀川を臨むリバービューのお部屋は、のんびりとした穏やかな雰囲気が魅力です。

    …続き

  • DeFiプロジェクト「Teller」レンディングプロトコルの中身に迫る
    Fisco Fisco
    2020.10.23

     

    TellerはEthereum基盤のレンディングプロトコルであるが、「ユーザーの信用度に基づいたローン条件が適用される」というのが特徴である。一般的なDeFiのレンディングプロトコルでは、融資を受けたいユーザーは借入額の150~300%に相当する担保資産を預ける必要があるが、Tellerでは個人の信用度に基づいた条件でローンを組むことができるため、高い信用度を有するユーザーにとっては担保資産が少なくて済むことになる。

    Tellerでは、流動性プールに資産を預けて(基盤トークンであるTRLなどの)報酬を得る「流動性提供者」、デフォルトしたローンの担保を清算するネットワーク参加者の「競売人」、担保資産の市場価格をChainlinkによってリアルタイムで収集する「価格オラクル」、銀行口座などの個人情報を提供するベンダーの「データプロバイダ」、信用度の算出に参加する各クラウドノードの「バリデーター」が主なアクターである。

    …続き

新着

More Top Stories
  • 暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:7月29日更新【フィスコ・ビットコインニュース】

    7月30日:CMEのビットコイン・オプション、ビットコイン先物SQ(日本時間7月31日午前1時)7月30-8月2日:Mallorca Blockchain Days(開催地:スペイン)8月4日:イーサリアム・ロンドンハードフォーク8月11日:Futurist Conference 2021(開催地:カナダ)8月12日:2021 Asia CryptoAsset Conference(開催地:中国)8月17日:Bakktのビットコイン・オプションSQ(日本時間8月18日)8月19日:Bakktのビットコイン先物SQ(日 …続き

  • NVTから見た足元のビットコイン妥当価格は30,324ドル【フィスコ・ビットコインニュース】

    暗号資産(仮想通貨)の価値を探る方法として注目されるもののひとつに、「NVT」という指標がある。暗号資産の市場分析で有名なウィリー・ウー氏が考案した指標で、同氏のホームページではリアルタイムの数値を公表している。NVT(Network Value to Transaction)はネットワークの価値(暗号資産の場合には流通するコインの市場価値)を日毎の取引量で割った比率であり、この値が高ければ取引量に比べてネットワークの価値が …続き

  • ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格は17,386ドル【フィスコ・ビットコインニュース】

    ビットコイン(BTC)の価格予想を行う上で重要な要素のひとつにハッシュレートがある。ハッシュレートとは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をマイニング(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)する際の速度を表すものである。具体的には、1秒間に何回計算が行われているかを示しており、ハッシュレートが高いということはマイニングを行う処理速度、つまり処理能力が高いということになる。ハッシュ …続き

  • 7月20日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には4,814ドルの上押し圧力【フィスコ・ビットコインニュース】

    CFTC(米商品先物取引委員会)は火曜日時点でのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン(BTC)先物の部門別ポジションを当週末に公表している。為替市場ではCFTCが公表している非商業部門(投機筋)ポジションがよく注目される。7月20日時点でのCMEビットコイン先物ポジションは、非商業部門のネットポジションは先週と比較して低い水準となった(CFTCより)。ポジションが過去平均に回帰し、20日時点での非報告 …続き

  • 米アマゾン、ビットコイン決済受け入れ報道を否定【フィスコ・ビットコインニュース】

    米アマゾンが2021年末までにビットコインによる支払い受付を開始するという報道を否定した、と27日付のロイターが報じている。ロンドンのシティA.M.紙が匿名の関係者の証言として報じたこの報道に対し、アマゾンの広報担当者は、「当社がこの分野に関心を持っていることは事実であるが、暗号資産(仮想通貨)に関する当社の具体的な計画にまつわる憶測は事実ではない。」と述べている。同社は先週、仮想通貨とブロックチェー …続き